【オイル化】簡単 UCO (ユーコ) キャンドルランタンのオイル化 材料費 414円 自作 カインズで揃う 再現可能 写真多数

スポンサーリンク

UCO (ユーコ) キャンドルランタンのオイル化 前談

20年ほど前に購入したランタンが令和の世に蘇るとは。。

2,3回ほど雰囲気重視で使ったことがあるがロウこぼれによる掃除、メンテナンスが非常に面倒。。

今回、オイル化にあたりお湯に付けて念入りに再掃除、メンテナンスしました。

我が家倉庫にお倉入りしてた古典アイテムが復活した。正直嬉しい(‘ω’)。

めっちゃカッコイイんですよ(‘ω’)v

私のユーコは古いモデルなのでまんまアルミむき出しタイプ(笑)

今購入するとアルミ素材でもつや消しになっている。渋いですな。

UCO (ユーコ) キャンドルランタン(アルミ) 

ブラスのほうが育てがいがありますか?

UCO(ユーコ) キャンドルランタン ブラス

では、、作成過程と必要材料、工具などの説明を記載しますね(‘ω’)。

必要材料 すべてカインズホームで揃いました。

グロンサン強力内服液 158円

綿より糸#20x5 太さ2mm 148円

オールアンカーC660 6×60 2本入り 108円

ランタン用パラフィンオイル350ml 498円(これは材料費には含みません)

必要工具

パイプカッター

ペンチ(ラジオペンチでも可)

SK11 パイプカッター 切断能力 4~32mm PC-32

高儀 ペンチ TAKAGI JISペンチ 200mm GP-200

ドリル (薄いアルミなのでピンバイスでも可)

ドリルビット 1.5mm 5mm この二つ

制作過程

1:材料合わせ

並べてみる

合わせてみる

ぴったし(‘ω’)v ツカレとは。。w

芯の具合も合わせてイメージする。

2:芯を切断する ネジ切から大体の位置で大丈夫。

パイプカッターとペンチで切断。万力など便利道具はありませんぬ。

切断したところ

3:芯を通す こんな感じ。

4:キャップの制作

ドリルビットは 5mmと1.5mmです。 微妙にセンターがとれてませんが合わせてみると全く問題ありませんでした。

1.5mmの空気穴空け位置には気を付けて下さい。裏ネジと干渉しない位置におねがいします。付属のネジを使う場合、逆付けしてください。

5:ネジを通す

同じ材料、穴径だとかなりキツキツです。裏ネジ留めだけで固定できます。

紐の底側は結びます。

オイルを入れて浸透するまで少し時間を空けてください。

芯だしは2、3mmが良さそうです。

6:点火

完成 ユーコ(裕子)完全復活だーー(‘ω’)v

(もう女人化妄想は止めていただきたい。。)

今購入するとアルミ素材でもつや消しになっている。渋いです。

UCO (ユーコ) キャンドルランタン(アルミ) 

ブラスのほうが育てがいがありますか?

UCO(ユーコ) キャンドルランタン ブラス

まとめ

涼しくなったら夕方河原でビールでも飲もうかな(‘ω’)。

明るすぎない明かり。漂うレトロ感。

いい不便を楽しむ感覚。。

「これはいい物だ」と言える大人になりたひ。

では(‘ω’)。

それとおすすめを二つ

このへんはステンレスでメンテナンスが楽ですよ。

モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (ステンレス)

OPINEL(オピネル) ステンレススチール #8 41438

コメント

タイトルとURLをコピーしました